Seamless

Virtual Reality News

Disney Researchら、屋外撮影した顔写真(LDR)を多様な照明環境条件(HDR)に対応の顔写真に変換できるライトプローブ推定技術を発表

ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン、ラヴァル大学、カーネギーメロン大学、エジンバラ・ネピア大学、Disney Researchの研究者らは、自然光の屋外で撮影したLDR顔写真から、HDRライトプローブを推定する技法を発表しました。

論文:From Faces to Outdoor Light Probes
著者:Dan A. Calian, Jean-François Lalonde, Paulo Gotardo, Tomas Simon, Iain Matthews, Kenny Mitchell

Source:Disney Research

本稿では、単一カメラを使用して屋外で撮影したLDR(Low Dynamic Range:ローダイナミックレンジ)顔写真から、特殊な機器を使用せずに、HDR(High Dynamic Range:ハイダイナミックレンジ)ライトプローブ(Light Probe)を直接推定する方法を提案します。

ライトプローブとは、周囲多数の角度から入る光の情報を取得するといったもので、それを基に、影や光の反射などを反映させ自然な仕上がりにします。本稿では、そんなライトプローブを推定し、対応するHDR環境マップに合わせて顔をレンダリング、環境に合わせた顔写真に仕上げます。

(左:レンダリングされた顔、右:対応するHDR環境マップ)

本提案手法は、様々な大気条件や濃い影条件にも対応します。

これらのことにより、野外で撮影した顔写真を多様なHDR照明条件に対応した合成写真に変換できることを実証しました。また、対応するHDRライトプローブの顔写真データベースも提供します。

関連

Adobe Researchら、1枚の室内低ダイナミックレンジ写真から機械学習を用いて高ダイナミックレンジ照明を推定する論文を発表。写真に仮想オブジェクトをより現実的に再合成することが可能に | Seamless