カーネギーメロン大学、フェルト風素材とプラスティックを統合した素材を作成できる3Dプリンタ技術を発表

カーネギーメロン大学による研究チームは、プラスティック印刷とエレクトロスピニングを組み合わせてフェルト風素材とプラスティックを統合した素材を作成できる3Dプリンタ技術を発表しました。

論文:Desktop Electrospinning: A Single Extruder 3D Printer for Producing Rigid Plastic and Electrospun Textiles

著者:Michael L. Rivera, Scott E. Hudson
所属:Human-Computer Interaction Institute Carnegie Mellon University

本論文は、硬質プラスティック印刷と電気の力で紡糸を行う方法「エレクトロスピニング(静電紡糸)」を組み合わせた3Dプリンタ技術を提案します。本提案は、静電気力を利用して溶融ポリマーから細い繊維を作る技術です。

エレクトロスピニングと通常のプラスティック印刷を切り替えて製造することで、羊毛のようなフェルトシートとプラスティックを融合させた素材を作成できます。作成した素材を用いて、様々なインタラクティブオブジェクトを作り出すことができ、また電界紡糸繊維自体には伝導性はありませんが、導体と組み合わせることで静電容量センサを作り出すこともできます。

本論文で記載されるアプリケーションでは、土壌中の水分量を検出して花びらが開閉する「Water Me」、静電容量式センシングと組み合わせて羊をタッチすると様々な鳴き声がする「Interactive Wooly the Sheep Comic」、ピエゾ抵抗効果制御を備えた折りたたみランプ「Textile Origami Lamp and Controls」などが応用方法として紹介されます。