香港中文大学など、人が描いたスケッチ図からLEGOの設計図を計算する手法を発表。動きも含めて計算

香港中文大学とサイモンフレーザー大学による研究チームは、ユーザが描いたスケッチに似たレゴデザインを自動生成してくれる計算フレームワークを発表しました。

論文:Computational LEGO Technic Design

Hao Xu( The Chinese University of Hong Kong)
Ka-Hei Hui( The Chinese University of Hong Kong)
Chi-Wing Fu( The Chinese University of Hong Kong)
Hao Zhang(Simon Fraser University)

本研究は、ユーザのスケッチを入力にLEGOで組み立てられる設計を計算する手法を提案します。動きも含めて最小限のパーツでのレイアウトを計算します。

最初にスケッチから静的なフレームを割り出し、構造的に問題ないかを分析し剛性接続を最大化します。続けて、動きのパターンを列挙し、ジョイント部分の歯車などを構成します。最後に、ヴァーチャルで物理ベースのモーションをテストしてモデルを作成します。最終的に、現実世界で組立て動くかを評価します。

ABOUT

 本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。現在は主に寄稿(ITmedia NEWS)と、Seamless Journalに専念しています。

連絡先:yamashita(at)seamless.jp
Subscribe:TwitterFacebookHatenaNewsPicks

ゲスト連載:プロジェクションマッピング技術の変遷 岩井大輔

 Seamless Journalとは、月額10ドルの課金で厳選した最新論文がほぼ毎日メールボックスに届くというものです。記事にならない気になる論文をお届けします。決済はPatreonを介して、クレジットカードおよびPayPalで行え、解約も同サービスからいつでも可能です。お申し込みはこちらから

ページ上部へ戻る