東京大学、パズルのように組み合わせてワイヤレス充電面を構築できる2D無線電力伝送シートシステム「Alvus」発表

東京大学 川原研究室による研究チームは、床やテーブルなどを簡単にワイヤレス充電面に再構築できる2D無線電力伝送シートシステム「Alvus」を発表しました。

論文:Alvus: A Reconfigurable 2-D Wireless Charging System

KAZUNOBU SUMIYA, The University of Tokyo, Japan
TAKUYA SASATANI, The University of Tokyo and JSPS Research Fellow, Japan
YUKI NISHIZAWA, The University of Tokyo, Japan
KENJI TSUSHIO, The University of Tokyo, Japan
YOSHIAKI NARUSUE, The University of Tokyo, Japan
YOSHIHIRO KAWAHARA, The University of Tokyo, Japan

本研究は、様々な形状の平面に合わせて自由に配置できるコイルアレイによる2D無線電力伝送(wireless power transfer ,WPT)シートシステムを提案します。提案システムは、六角形のモジュールを組み合わせて並べるだけで再配置できる仕様です。そのため、初心者でも付けたり離したりして手軽に様々な形に変更できます。システムが自動的にモジュールの配置を検出し、受信機を検出して、受信機に電力を送ります。

最初のモジュールのみ壁や床に設置されたコンセントから給電されますが、そのほかのモジュールには、「マルチホップ型磁界共振結合」により非接触で電力が中継されます。そして、電源から電力を必要としている機器までの電力供給経路は自動的に構成されます。これにより、床やテーブル、壁などに「仮想的な無線による延長コード」を作り出すことができます。使用例として、テーブルの下に配置し、テーブル上にスマートフォンを置くだけで充電したり、卓上ライトやスマートスピーカーを置くだけで給電したりを可能にします。

ABOUT

 本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。現在は主に寄稿(ITmedia NEWS)と、Seamless Journalに専念しています。

連絡先:yamashita(at)seamless.jp
Subscribe:TwitterFacebookHatenaNewsPicks

ゲスト連載:プロジェクションマッピング技術の変遷 岩井大輔

 Seamless Journalとは、月額10ドルの課金で厳選した最新論文がほぼ毎日メールボックスに届くというものです。記事にならない気になる論文をお届けします。決済はPatreonを介して、クレジットカードおよびPayPalで行え、解約も同サービスからいつでも可能です。お申し込みはこちらから

ページ上部へ戻る