ミネソタ大学ら、動く仮想キャラクタが着用する衣服をより現実的にシミュレーションする技術を発表

ミネソタ大学ツインシティー校、グルノーブル大学、インド工科大学、フランス国立科学研究センター、Grenoble INP、LJK、Weta Digitalの研究者らは、動く仮想キャラクタが着用する衣服の布をより現実的にシミュレーションする技術を発表しました。

論文:An Implicit Frictional Contact Solver for Adaptive Cloth Simulation
著者:Jie Li, Gilles Daviet, Rahul Narain, Florence Bertails-Descoubes,Matthew Overby, George Brown, Laurence Boissieux

本稿は、布と仮想キャラクタとの間に生じる接触と摩擦を配慮した計算による衣服シミュレーション技術を提案します。

 

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る