UC San Diegoなど、眼の動きでソフトレンズを制御し焦点を変えられる技術を発表。上下左右の動きに加え、瞬き2回でズームイン/アウト

カリフォルニア大学サンディエゴ校とハルビン工業大学による研究チームは、眼の動きでソフトレンズを制御し焦点を変えられる技術を発表しました。

論文:A Biomimetic Soft Lens Controlled by Electrooculographic Signal

Jinrong Li, Yang Wang, Liwu Liu, Sheng Xu, Yanju Liu, Jinsong Leng, Shengqiang Cai

本研究は、眼を用いてソフトレンズを制御する手法を提案します。眼球を上下左右に動かすと、追従してレンズも動き、2回連続で瞬きするとズームイン/アウトします。本システムは、眼球運動中に眼の周りに発生する電気信号に応答します。眼の周囲の皮膚に置かれた電極パッチがこれらの信号を測定し、プロセッサを介してレンズに送信します。

レンズ自体は、筋肉のように動く電気活性エラストマーフィルムの中に入った塩水でできており、電位が印加されると、膨張、収縮と構造の変更を行います。これにより、眼の動きでレンズを変更し焦点を4方向に変えることに加えて、焦点距離も変更できることを実証しました。

ABOUT

 本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。現在は主に寄稿(ITmedia NEWS)と、Seamless Journalに専念しています。

連絡先:yamashita(at)seamless.jp
Subscribe:TwitterFacebookHatenaNewsPicks

ゲスト連載:プロジェクションマッピング技術の変遷 岩井大輔

 Seamless Journalとは、月額10ドルの課金で厳選した最新論文がほぼ毎日メールボックスに届くというものです。記事にならない気になる論文をお届けします。決済はPatreonを介して、クレジットカードおよびPayPalで行え、解約も同サービスからいつでも可能です。お申し込みはこちらから

ページ上部へ戻る