iPhoneでオブジェクトやスペースを3Dモデルに変換し共有できるアプリケーション「3D Scanner Pro」が登場

Laan Labsは、iPhoneでオブジェクトやスペースを3Dモデルに変換し共有できるアプリケーション「3D Scanner Pro」の早期アクセスとデモ映像を公開しました。

iPhoneを用いて、3Dにしたいオブジェクトの周囲をスキャンし、オンデバイス3Dエディタを使用してモデルをクリーンアップすることで、数分でオブジェクトとスペースの3Dモデルを作成します。

また、3DフォーマットUSDZ形式で3Dモデルの共有もできます。スキャン処理には、6d_ai SDKを用いているとのこと。デモ映像では、 iOS 12を用いて3Dモデルを表示しています。

 

About

テクノロジー系の最新論文を紹介しているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆も連載除いて行なっています。yamashita.mailer(a)gmail.com

Seamlessをサポートできるプログラムも行なっています。

連載

ページ上部へ戻る