ユタ大学、複雑な編み物を作成できるステッチメッシュフレームワークを発表

ユタ大学の研究者らは、複雑な編み物を作成できるステッチメッシュフレームワークを発表しました。

論文:Knittable Stitch Meshes
著者:Kui Wu, Hannah Swan, Cem Yuksel

本論文は、編み込みによって作ることができる3Dニット構造をモデル化するためのステッチメッシュを提案します。モデルのポリゴンメッシュを入力に、繋ぎ目部分などを考慮した高解像度ステッチメッシュを生成します。

そして、シミュレーションとして編み糸の曲線モデルを生成し、これを元にステップバイステップで編むことができます。これにより、複雑なニットでも容易に作成することを可能にします。

 

About

テクノロジーの最新研究を紹介するWebメディア。山下が個人運営と執筆を行う(連載除く)。ITmedia NEWSさんでも執筆中。Seamlessをサポートできるプログラムも実施中。

yamashita.mailer(a)gmail.com

連載

ページ上部へ戻る