Seamless

V i r t u a l R e a l i t y

世界中の現実空間に3DペイントできるARアプリ「Artopia」登場。誰がいつ描いたかと共にマップに保存、誰でも後から閲覧、初期作品に他人が追加で描画

現実空間へ重ねるように立体的に描け、かつ描いた位置に保存できるARアプリ「Artopia」が登場しました。

Artopiaは、カラーで現実空間にペイントできるARアプリケーションです。また、描いた場所を保存することができ、専用マップに公開することができ、そこを通りがかった人や友達がスマートフォンなどを通して見ることができます。

さらに、後から見ている人は、最初の作品に付け足す形式で描くことも可能で、友達や他人の作品に、後からどんどん付け足すことができます。そして、コンテンツに対して、誰が描いたか、いつ描いたかの情報もペアで保存されるのも特徴です。

ただし、不適切なコンテンツに対しては、問題を報告するなどの通報システムを採用していると言います。

現在、iOS/Android向けとしてアプリを発表しており、こちらのページより早期アクセス依頼を送ることができます。

 

関連

Google、現実空間上に白い線を立体的に描けるARCore向けARアプリ「Just a Line」リリース | Seamless