コロンビア大学とウォータールー大学、ハケとペンキのやり取りをよりリアルにシミュレーションする手法を発表

コロンビア大学とウォータールー大学による研究チームは、紐状の物体と液体とのせん断含めた相互作用を再構築する手法を発表しました。

論文:A Multi-Scale Model for Coupling Strands with Shear-Dependent Liquid

YUN (RAYMOND) FEI, Columbia University, USA
CHRISTOPHER BATTY, University of Waterloo, Canada
EITAN GRINSPUN and CHANGXI ZHENG, Columbia University, USA

本研究は、筆やハケなどの毛束、パスタや蕎麦などの麺類、これらとペンキやパスタソースなどの液体との相互作用をシミュレーションするフレームワークを提案します。