NASA、雪片が解ける様子を3Dモデルで再現する手法を発表

米カリフォルニア州パサデナにあるNASAのジェット推進研究所の研究者Jussi Leinonen氏は、大気中の雪片が融雪する様子を3Dモデルでシミュレートする手法を発表しました。

本モデルは、自然界の雪の結晶体が互いに付着してできる1インチ未満の雪片を3Dモデルで再現し、かつ解ける様子をシミュレーションします。

融雪は、水が雪片の凹状の領域に集まり、そこに液体が残るところから始まり、その水たまりは拡大し、最終的に全体を覆い、コアを包み込み、全体が溶けるのが基本と述べます。

このように、融雪の正確なモデルを再現することで、さまざまな雪や雨の種類を把握し、多様な条件でどのように動作するかを確認し、その違いがレーダー画像にどのように影響するかなどの詳細を把握することができ、危険の予測を改善するステップになるとしています。

 

関連

ニコンや東京大学ら、シャボン玉などの石鹸膜の動きをより自然に高速シミュレーションする提案を論文にて発表 | Seamless

ABOUT

 本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。現在は主に寄稿(ITmedia NEWS)と、Seamless Journalに専念しています。

連絡先:yamashita(at)seamless.jp
Subscribe:TwitterFacebookHatenaNewsPicks

ゲスト連載:プロジェクションマッピング技術の変遷 岩井大輔

 Seamless Journalとは、月額10ドルの課金で厳選した最新論文がほぼ毎日メールボックスに届くというものです。記事にならない気になる論文をお届けします。決済はPatreonを介して、クレジットカードおよびPayPalで行え、解約も同サービスからいつでも可能です。お申し込みはこちらから

ページ上部へ戻る