UCバークレー、1枚の画像から物体の3Dモデルを推定するCNNを用いたフレームワークを発表

カリフォルニア大学バークレー校の研究者らは、単一の画像から物体の3D構造を推定する学習フレームワークを発表しました。

論文:Learning Category-Specific Mesh Reconstruction from Image Collections
著者:Angjoo Kanazawa,Shubham Tulsiani,Alexei A. Efros,Jitendra Malik

本稿は、3次元データに頼ることなく、CNN(Convolutional Neural Network)を用いて単一の画像から物体の3D構造を推定することを学ぶ計算モデルを提案します。

注釈付き2D画像コレクションから学習したモデルは、オブジェクトの形状、カメラのポーズ、テクスチャを推測することができます。鳥のデータセットには、Caltech-UCSD Birds-200-2011を用いています。

また、インスタンス間でテクスチャを転送することができ、メッシュはAという鳥、テクスチャはBという鳥といった混合も容易にできます。

 

関連

香港城市大学ら、手描きスケッチから法線マッピングを推論する敵対生成学習(Wasserstein GAN)を用いた手法を発表 | Seamless

ABOUT

 本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。現在は主に寄稿(ITmedia NEWS)と、Seamless Journalに専念しています。

連絡先:yamashita(at)seamless.jp
Subscribe:TwitterFacebookHatenaNewsPicks

ゲスト連載:プロジェクションマッピング技術の変遷 岩井大輔

 Seamless Journalとは、月額10ドルの課金で厳選した最新論文がほぼ毎日メールボックスに届くというものです。記事にならない気になる論文をお届けします。決済はPatreonを介して、クレジットカードおよびPayPalで行え、解約も同サービスからいつでも可能です。お申し込みはこちらから

ページ上部へ戻る