Seamless

Virtual Reality News

スタンフォード大学、コーナーに隠れた物体の画像を生成するレーザーベースのイメージング技術を発表。自動運転車向けに飛び出す人を事前に検知など

スタンフォード大学の研究者らは、レーザーベースのイメージング技術を用いてコーナーに隠れた物体の画像を生成する技術を発表しました。

この技術は、自動運転車向けに開発されているもので、コーナーに隠れた飛び出す人などを事前に検知することで安全を向上させる目的をもっています。もちろん、救助活動で見えない場所を効率よく探索するなど、他の用途にも活用可能です。

仕組みとしては、レーザーパルスを壁に反射させ物体にあたりまた検出器にもどるというスキャンを行い、その情報を基に開発したアルゴリズムを使用して画像を生成します。

オブジェクトの反射率や周囲光の量により、数分から1時間とまだまだデータ収集プロセスに時間がかかる課題も残されています。


(白いのがオブジェクト全体を示し、緑色のメッシュはシステムが検出した場所を示す。)


(標識を再構築した例)

 

関連

MIT、角壁(コーナー)で隠れて見えない物体(人など)を床の隅に反射する光を分析し認識するカメラ技術「CornerCameras」を発表。自動車運転や車椅子などで活用 | Seamless