ジェスチャで部屋の照明やテレビ等を操作する姿勢推定ベースのホームアシスタントシステムが登場

米国のチーム「Piccolo」は、ジェスチャで部屋の照明やテレビなどを操作するコンピュータビジョンベースのアシスタントシステムを構築しています。

ジェスチャ検出にはスマートなカメラが使用され、ユーザは自宅にカメラを設置してテレビやライトといった家電と連結させます。単に電源をON/OFFするだけでなく、映像の早送りや音量調整などもできるとします。

同社は、この追跡技術をGRP(Gesture Recognition Pipeline)と呼び、モーショントラッキング、姿勢推定、3D再構成、deep learning技術から人とジェスチャをリアルタイムに識別します。特許も取得しているとのこと。

関連

Facebook AI Researchら、密集した人間の姿勢を2D画像から推定し、人の表面にテクスチャマッピングできるCNNを用いたシステム「DensePose」を発表 | Seamless

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る