Seamless

Virtual Reality News

Google、目の網膜スキャンから機械学習を用いて心臓病を予測するコンピュータビジョンベースのアルゴリズムを発表

Google Research、Alphabet傘下の生命科学部門Verilyの研究者らは、機械学習を用いて心臓病を予測するdeep learningアルゴリズムを発表しました。

論文:Prediction of cardiovascular risk factors from retinal fundus photographs via deep learning
著者:Ryan Poplin, Avinash V. Varadarajan, Katy Blumer, Yun Liu, Michael V. McConnell, Greg S. Corrado, Lily Peng,Dale R. Webster

本システムは、コンピュータビジョン技術を用いて眼の網膜をスキャンすることで、画像から個人の年齢、性別、血圧、喫煙の有無などのデータを正確に推論することができます。

これら危険因子データに加えて、心疾患を予測するために使用でき、それは既存の主要な方法とほぼ同じ精度で行えたと言います。血液検査より簡単で迅速な分析が可能になります。

deep learningを用いて、284,335人の患者のデータを訓練したモデルを使用しました。

関連

九州先端科学技術研究所、超音波プローブの角度と位置を感知し内臓器官をARとして可視化するリアルタイム・マーカレストラッキング技術のデモ映像を公開 | Seamless