Seamless

Virtual Reality News

Microsoft Researchら、標準的な物理キーボードを使用してVR空間でテキスト入力する4つの表現方法を検証

Microsoft Research、ドイツのパッサウ大学、コーブルク大学、ケンブリッジ大学の研究者らは、物理キーボードを使ってVR空間で入力することに関する研究を発表しました。

論文:Effects of Hand Representations for Typing in Virtual Reality
著者:Jens Grubert、Lukas Witzani、Eyal Ofek、Michel Pahud、Matthias Kranz、Per Ola Kristensson

本稿では、標準的な物理キーボードを使用し、VR空間でテキスト入力(英数字)するいくつかの手の表現を検証しました。検証は、参加者24人で行われ、4つの表現で試されます。

  1. タイプされると仮想キーボードのキーが光る(緑色)。
  2. 仮想キーボードとアバターの手が表示される。
  3. ユーザの指先だけを大きめの点(黄色)で表示される。
  4. 物理キーボードと物理的な手がピクチャインピクチャで表示される。

結果、3.と4.が、1.と2.より、統計的にテキスト入力の誤り率が低かったこと、テキスト入力速度に統計的な差異はなかったこと、が見出されました。

 

関連

香港城市大学、ウェアラブルデバイスのテキスト入力に指と指の相互作用で片手操作する技術を発表 | Seamless