Seamless

Virtual Reality News

ソウル発、薄型ARグラスを可能にするAR技術「Pin-Mirror」が登場。被写界深度は手前25cmから、FOVは対角線で41°、解像度1280×720

ソウルベースのARスタートアップ「LetinAR」は、「Pin-Mirror」と呼ぶ新たなARソリューションを発表しました。

Pin-Mirrorは、目に装着するデバイスを薄型にする仕様になっており、ハーフミラー方式と比べ薄いグラス機器を可能にします。

また、通常よりも被写界深度(DOF)が深く、手前は25cmから奥は無限と近いピント面をユーザに提供します。視野角は、対角線で41°です。

製品としては、レンズ横に装着する「LS-100」と、レンズ上に装着する「LT-100」の2種類が提示されます。スペックは両者同じで、解像度:1280×720、FOV:対角線41°、焦点面:25cm-無限、レンズの厚さ:3.2mm、カラー:トゥルーカラーです。

 

関連

ハーバード大学、白色光含む可視光線の全領域を同じ場所に集束できる単一メタレンズを開発。将来の小型VR/ARデバイスのレンズ活用に有望 | Seamless