香港城市大学ら、手描きスケッチから法線マッピングを推論する敵対生成学習(Wasserstein GAN)を用いた手法を発表

香港城市大学と大連理工大学の研究者らは、機械学習とユーザガイダンスを用いてスケッチから法線マッピング(ノーマルマッピング)を推論する手法「Sketch2Normal」を論文にて発表しました。

Sketch2Normal: Deep Networks for Normal Map Generation
Wanchao Su、Xin Yang、Hongbo Fu

本稿は、手描きのスケッチを入力に敵対生成学習Conditional WGAN(Wasserstein Generative Adversarial Network)を用いて法線マッピングを生成する提案をします。

関連

リヨン大学ら、直感的なスケッチ入力から現実的な仮想地形モデルを生成できる敵対的学習(cGAN)を用いたオーサリングツールを論文にて発表 | Seamless

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る