Seamless

Virtual Reality News

ハーバード大学とMIT、空気圧と水圧だけで自重の1,000倍まで持ち上げ可能な折り畳み式人工筋肉を発表。ウェアラブル外骨格から深海マニピュレータまで活用可能

ハーバード大学とMIT CSAILの研究者らは、空気圧と水圧だけで自分の体重の1,000倍まで持ち上げることができる折り畳み式の人工筋肉を開発・発表しました。

人工筋肉は、圧縮可能な骨格と、柔軟な皮膚に包まれた空気または液体からなり、圧力差によって動力が供給されます。

筋肉の動きは、物体をかたく握り、持ち上げ、ねじる、また多方向の動きもプログラムすることができます。2.6グラムの筋肉は3キロの物体を持ち上げると述べます。(鴨が車を持ち上げるのと同じと表現している)

また、単一の筋肉は、1ドル未満の材料を使用して10分以内に構築することができ、安価で簡単にテストすることが可能。様々な材料で作れるところも魅力。

そして、非常にスケーラビリティがあり、性能を維持したまま数ミリメートルから数メートルまでのサイズで構築可能で、様々な場所で活用できると期待されます。小型外科装置、着用可能なウェアラブル外骨格、深海マニピュレータ、宇宙探査のための大規模な展開などなど。

 

関連

コロンビア大学、自然の筋肉よりも3倍強い外部圧縮機を必要としない柔らかい収縮する人工筋肉を開発。天然の筋肉に最も近いと主張 | Seamless