ウィスコンシン大学ら、粒子法の一つであるGIMP法を用いて弾塑性モデルをシミュレートする提案を論文にて発表

米ウィスコンシン大学マディソン校と米ペンシルベニア大学の研究者らは、粒子法の一つであるGIMP(Generalized Interpolation Material Point)法を用いて弾塑性モデルをシミュレートする提案を論文にて発表しました。物質が滴り落ちる表現や、物体が衝突する表現をシミュレーションします。

An Adaptive Generalized Interpolation Material Point Method for Simulating Elastoplastic Materials(PDF)

 

関連

スペイン系大学、粘弾性が高い流体シミュレーションを効率的に可能にする提案をした論文を発表 | Seamless

ABOUT

 本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。現在は主に寄稿(ITmedia NEWS)と、Seamless Journalに専念しています。

連絡先:yamashita(at)seamless.jp
Subscribe:TwitterFacebookHatenaNewsPicks

ゲスト連載:プロジェクションマッピング技術の変遷 岩井大輔

 Seamless Journalとは、月額10ドルの課金で厳選した最新論文がほぼ毎日メールボックスに届くというものです。記事にならない気になる論文をお届けします。決済はPatreonを介して、クレジットカードおよびPayPalで行え、解約も同サービスからいつでも可能です。お申し込みはこちらから

ページ上部へ戻る