Disney Research、機械学習を用いて雲のシミュレーションを効率的かつ精密に再現する手法「Deep Scattering」を論文にて発表

Disney Researchの研究者らは、モンテカルロ積分と機械学習の組み合わせを用いて、大気中の雲の画像を効率的かつ精密に再現する手法「Deep Scattering」を論文にて発表しました。

Deep Scattering: Rendering Atmospheric Clouds with Radiance-Predicting Neural Networks(PDF)

Radiance-Predicting Neural Networks(RPNN)と呼ぶディープニューラルネットワークを用いて、各シェーディング構成の輝度関数を予測し、雲内部の多重散乱光を再現します。雲の後ろで銀色に輝くシルバーライニングや、エッジを暗くする効果を正確にレンダリングします。

本提案は、従来のアプローチよりも多くは早く、または同等のコストで、リファレンスとほとんど区別がつかない結果を達成しました。

関連

米スタンフォード大学ら、木の燃焼を再現する新たなモデルを論文にて発表。インタラクティブに燃やせる | Seamless

ABOUT

 本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。現在は主に寄稿(ITmedia NEWS)と、Seamless Journalに専念しています。

連絡先:yamashita(at)seamless.jp
Subscribe:TwitterFacebookHatenaNewsPicks

ゲスト連載:プロジェクションマッピング技術の変遷 岩井大輔

 Seamless Journalとは、月額10ドルの課金で厳選した最新論文がほぼ毎日メールボックスに届くというものです。記事にならない気になる論文をお届けします。決済はPatreonを介して、クレジットカードおよびPayPalで行え、解約も同サービスからいつでも可能です。お申し込みはこちらから

ページ上部へ戻る