米スタンフォード大学ら、木の燃焼を再現する新たなモデルを論文にて発表。インタラクティブに燃やせる

米スタンフォード大学、ポーランドのアダム・ミツキェヴィチ大学、そしてKAUSTの研究者らは、直物(木)のCGモデルの燃焼を再現する新しい方法を論文にて発表しました。

このモデルは、ユーザがインタラクティブに燃焼させることができるのに加えて、複数のツリーを並行してサポートすることを可能にします。

Interactive Wood Combustion for Botanical Tree Models(PDF)

 

関連

スペイン系大学、粘弾性が高い流体シミュレーションを効率的に可能にする提案をした論文を発表 | Seamless

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る