Google Chrome Media、WebベースのVRにおけるリアルタイム3D空間オーディオJavaScriptライブラリ「Songbird」を公開。すぐ試せるサンプルデモあり

Chrome Mediaチームは、WebオーディオAPIを使用して任意のWebブラウザで動作するオープンソースの3D空間オーディオエンコーディングエンジンである「Songbird」を公開しました。

Google/songbird: Spatial Audio Encoding on the Web(GitHub)

Songbirdは、Webオーディオアプリケーションのためのリアルタイム空間オーディオエンコーディングのJavaScriptライブラリです。

使用することで、開発者は任意の数のモノラルオーディオストリームを取り込み、それらをプログラム的に3D空間に置くことができ、Web上のバーチャルシーンにおいて没入感をアップすることが可能となります。

今回の3D空間オーディオライブラリ「Songbird」と、three.jsのような3D JavaScriptライブラリを組み合わせることで、Web上でのコンテンツをより表現高いものになるとしています。

サンプルデモも複数用意しており、こちらから試すことができます。

関連

Facebook、360°/VR映像の空間オーディオ設計用ソフトウェアスイート「Facebook 360 Spatial Workstation」をリリース(無料) | Seamless

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る