英国サセックス大学、VR体験において身体の動作を小さな動きで済むようにするアイディア「Erg-O」を提案

英国にあるサセックス大学の「Interact Lab」は、VR体験中に身体の動作を小さな動きで済むようにするアイディア「Erg-O」を提案しました。

VR体験において、大きな動作は疲労や不快感を誘発しやすくなります。

そこで、本チームはその解決策として、視覚的にオブジェクトをリターゲティングし、視覚的要素はその位置を保持する一方で、ユーザーはより快適な位置からそこに到達することができる手法を提案しました。

デモ映像を見てもらうと分かる通り、通常より小さな動作でオブジェクトにタッチしたりといったインタラクティブを可能にします。

 

関連

ドイツチーム、ターンテーブルと847個の回転する球を使用したVR向けトレッドミル・ハードウェア「StriderVR」を発表 | Seamless

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る