Oculusが出願していた新特許、光をユーザーの目に投影する導波管システムを用いたメガネ型ARグラスが公開。著者には元MS HoloLens関係者も

Oculus VRが出願していた特許、メガネ型ARデバイスに関する新たな特許出願が公開されました。

Waveguide display with two-dimensional scanner

特許によると、技術は光をユーザーの目に投影するため導波管システム(ウェーブガイド)が用いられているといいます。

そのことで、現実世界に画像やビデオをスーパーインポーズすることができるとし、そのほか、ヘッドフォンやスピーカーに接続すると、グラスはオーディオを再生することができると。

ちなみに、著者の1人には、以前MicrosoftでHoloLensに取り組んでいた光学系の学者Pusi Saarikko氏もいます。

関連

Microsoft Research、ホログラフィー技術を用いた視野角80°のサングラス型ARディスプレイを発表。高品質のフルカラーホログラム、ピクセル単位のフォーカス制御、視力矯正、収差補正も | Seamless

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る