ドイツチーム、ターンテーブルと847個の回転する球を使用したVR向けトレッドミル・ハードウェア「StriderVR」を発表

ドイツのスタートアップ「Pathbender」は、ターンテーブルと847個の回転する球を使用したVR向けトレッドミルツール「StriderVR」を発表しました。

本ハードウェアは、プラットフォームを離れることなく旋回や歩行ができるというもので、VR環境で歩くという物理的錯覚を提供してくれます。

847個の回転する小さな球を並べてるのが特徴で、ターンテーブルと組み合わせてモーター制御でコントロールします。

適切なモーター入力を供給するためには、プラットフォーム上のユーザーの物理的位置を決定する必要があり、外付けのMicrosoft Kinect 2によってユーザーの身体姿勢を検出し決定します。

 

関連

VR歩行向け業務用全指向性トレッドミル「Infinadeck」、Vive Trackerと連携してワイヤレス仕様にしたテスト映像を公開 | Seamless

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る