カーネギーメロン大学、重なり合った筒が伸縮し動作するロボットが作成できる設計ツールを開発

カーネギーメロン大学の研究者は、伸縮を得意とする形状のロボット作成ができる設計ツールを開発、論文にて発表しました。

Computational Design of Telescoping Structures(PDF)

重なり合った筒が伸び縮みする構造「テレスコピック」をベースとしており、それぞれの筒が回転したり伸縮したりして多様に変形し、狭い場所の移動や困難な作業を可能にします。

シミュレーション映像では、トカゲ型やキリン型などいろんな構造の設計、そして柔軟に動作する様を確認することができます。

 

関連

ハーバード大学、バッテリなしワイヤーなしのロボットを開発。電磁力伝送によりワイヤレス制御する再現性のある運動が可能なバッテリレス折りたたみロボット | Seamless

ABOUT

 本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。現在は主に寄稿(ITmedia NEWS)と、Seamless Journalに専念しています。

連絡先:yamashita(at)seamless.jp
Subscribe:TwitterFacebookHatenaNewsPicks

ゲスト連載:プロジェクションマッピング技術の変遷 岩井大輔

 Seamless Journalとは、月額10ドルの課金で厳選した最新論文がほぼ毎日メールボックスに届くというものです。記事にならない気になる論文をお届けします。決済はPatreonを介して、クレジットカードおよびPayPalで行え、解約も同サービスからいつでも可能です。お申し込みはこちらから

ページ上部へ戻る