AppleのARKitを使用して食品の栄養価をグラフ表示する画像認識アプリが登場

YouTubeアカウントのnapkinmoments氏は、Appleが先日発表したARアプリを構築するためのフレームワーク「ARKit」を使って、食品の栄養価を表示するための画像認識アプリを開発しました。

映像では、机の上にバナナが置かれ、バナナを画像認識すると栄養価がグラフで可視化されます。カリウムやビタミンA、水分量などの比率がどれほどのものなのかが一目で分かるように設計されています。

これは、予め特定の果物の栄養価をデータベース化しており、画像で特定し呼び出しているということです。

 

関連

AppleのARKitを使用してARで巻尺を再現した測定アプリ「AR Measure」が登場 | Seamless

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る