Google Brain、リカレントニューラルネットワークを使用した独自の音楽を生成する「Performance RNN」を発表。ピアニストの約1400の演奏を学習。音声あり

人工知能について研究する機関Google Brainは、LSTMベースのリカレントニューラルネットワーク(Recurrent Neural Network)を使用して独自の音楽を生成する「Performance RNN」を発表しました。

生成した音楽はこちらです。既存の作品のパフォーマンスではありません。

このモデルは、実際のピアニストによる約1400の演奏のMIDIキャプチャを含む「Yamaha e-Piano Competition」データセットで訓練されました。

関連

Google Brain、落書きの続きをニューラルネットワークが推測して描いてくれるプロジェクト「sketch-rnn」を発表。Web上で今すぐデモ体験可 | Seamless

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る