Google「Area 120」、モバイルVR広告フォーマットを発表。広告キューブを注視→ビデオ再生→消すとアプリインストールを促進

Googleは、勤務時間に実験ができる社内スタートアップ・インキュベーター「Area 120」にて、新たなモバイルVR広告フォーマットを発表しました。

VR上の広告キューブをタップ(もしくは数秒間それを注視する)ことによって、キューブはビデオプレーヤーを開き、ユーザーにプロモーションビデオを見せます。

YouTubeのようにすぐにビデオを消すこともできます。ビデオが終わると、アプリのインストールを促したりなどの次の行動を示すといった流れです。

関連

VRゲーム内広告SDKもリリース。VRゲームスタジオ「Lucid Sight」、シリーズAラウンドで350万ドルの資金調達を発表 | Seamless

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る