DisneyやPixarら、3Dレンダリング(モンテカルロ法)された画像のノイズ除去にDeep learningアプローチを導入し良結果を示した論文を公開

Disney Research、Pixar Animation Studios、カリフォルニア大学の研究者らは、3DCGアニメーションにおいてモンテカルロ(MC)レンダリングされた画像のノイズ除去にDeep learningアプローチを導入し、高品質な結果を示した論文を発表しました(PDF)。

モンテカルロ法を用いたレンダリングの場合、とりわけ高次元モデルを使用する場合ノイズがのってきます。この問題に対処するため深層畳み込みニューラルネットワーク(CNN)を利用する事でノイズ処理を行います。

本論文は、モンテカルロレンダリングをデノイズするためのDeep learningを用いた機械学習ソリューションを提案したもので、既存の最新デノイズ手法と同等またはそれ以上のパフォーマンスを発揮したことを報告しました。

論文はこちら(PDF)。

関連

ディズニー、砂糖や塩、砂などの不均一で多分散の粒子群を現実的に見せるレンダリング方法を論文にて公開 | Seamless

ABOUT

 本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。現在は主に寄稿(ITmedia NEWS)と、Seamless Journalに専念しています。

連絡先:yamashita(at)seamless.jp
Subscribe:TwitterFacebookHatenaNewsPicks

ゲスト連載:プロジェクションマッピング技術の変遷 岩井大輔

 Seamless Journalとは、月額10ドルの課金で厳選した最新論文がほぼ毎日メールボックスに届くというものです。記事にならない気になる論文をお届けします。決済はPatreonを介して、クレジットカードおよびPayPalで行え、解約も同サービスからいつでも可能です。お申し込みはこちらから

ページ上部へ戻る