YouTube、360°VRビデオにヒートマップ機能を追加。視聴者がどの部分に注目しているかを測定

YouTubeは、360°VRビデオにおいて、視聴者がどこを見ているかを測定するヒートマップ機能を発表しました。

360°ヒートマップと呼ぶその機能を使用すると、動画のどの部分が視聴者の注目を集めているのか、動画の特定の部分をどれくらい見ているかを把握することができます。クリエイタースタジオのアナリティクスから使用することができ、1000再生以上の動画に適応されます。

関連

YouTube、360°および標準ビデオの60fps・4Kのライブストリーミングをサポート | Seamless

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る