Google Daydream Labs、VR移動の4つの酔い緩和知見を公開。「一定の速度」「移動中に周辺視野をぼかす」「テレポート時にトランジション挿入」「360°回転椅子に座る」

Google Daydream Labsは、VRにおける移動技術の知見を公開しました。4つありますが、基本的にVR酔いを軽減する手法として紹介されます。

一定の速度、トンネリング、テレポート、回転

1、一定の速度:視界がジェットコースターのように不規則なスピードに対して、椅子に固定して座っていると矛盾して酔いを引き起こす可能性がある。

2、トンネリング:トンネリングとは、移動中に周辺視野がグリッドなどに置きかわり表示される一人称歩行で使用される技法。

3、テレポート:Daydream Googleストリートビューにおいて、ポイントからポイントへ瞬間移動するときにディゾルブ・トランジションが使用される。

4、回転:ユーザーが座っている椅子を360°回転できるものにするということ。

関連

コロンビア大学、新たなVR酔い軽減手法を発表。VR歩行時のみ四隅から視野をじわりと絞るアプローチ | Seamless

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る