NVIDIA Research、VR/ARにおける輻輳距離と調節距離の不整合問題を解決するプロジェクト「Varifocal Virtuality」をSIGGRAPH 2017で発表

NVIDIA Researchが研究するVR/ARディスプレイにおける輻輳(ふくそう)距離と焦点(調節)距離の不整合問題を解決するプロジェクト「Varifocal Virtuality」が、SIGGRAPH 2017の「Emerging Technologies」にて発表することが明らかになりました。

詳細は明らかにされていませんが、概要によると、新しい光学系で輻輳距離に合致する正しい調整距離を提示するアプローチで処理するプロジェクトとのことです。

また、ぼかし技術には「ChromaBlur」を使用しているとのこと。

関連

Oculus Research、VRにおける焦点面ディスプレイ「Focal Surface Display」の論文を公開。空間光変調器(SLM)を使用し画像の選択された部分の焦点を変更 | Seamless

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る