MITとウルム大学、HMDに3つのディスプレイを追加し非HMDユーザーを同じVR空間で操作させることを可能にするデバイス「FaceDisplay」を論文にて公開

ドイツのウルム大学とMIT Media Labの研究者らは、非HMDユーザーがHMDユーザーのVR世界を知覚し相互作用することを可能にするように設計されマルチディスプレイVRヘッドセット「FaceDisplay」を論文にて発表しました(PDF)。

プロトタイプは、Oculus Riftのフロントに3つのディスプレイを設置し、そのディスプレイから非HMDユーザーが体験しているVR空間を覗き見ることができます。

また、インタラクティブに操作することもでき、非HMDユーザーはディスプレイをタップして参加することも可能にします。

 

関連

Vive Trackerをタブレットに装着し2D画面からVR空間を覗き見る映像が公開。帽子にも装着しマルチプレイヤーモードにも | Seamless

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る