香港大学、機械学習に基づいて2Dで描いた顔の絵を3D似顔絵モデルに変換するスケッチシステム「DeepSketch2Face」を論文にて公開

2Dの顔を描くたけでリアルタイムに3D似顔絵モデルに変換してくれるスケッチシステム「DeepSketch2Face」が論文にて公開されました。

スケッチシステムは、多層構造のニューラルネットワークDeep Learningに基づいており、2Dスケッチから3D顔モデルを推論するために設計されます。

本論文は、香港大学のXIAOGUANG HAN氏、CHANG GAO氏、YIZHOU YU氏によって執筆されました。Sigg

論文はこちら

 

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る