MIT、歩行速度を95〜99%の精度でワイヤレス測定するウェアラブルレスの設置型装置「WiGait」を開発。健康問題を予測するのに役立つ

MITの「Computer Science and Artificial Intelligence Lab (CSAIL) 」は、歩行速度を95〜99%の精度でワイヤレス測定するデバイス「WiGait」を開発しました。

体にウェアラブルデバイスを装着する必要はなく、「WiGait」と名づけられた家庭内のルーターのようなデバイスから無線信号を送信し、歩行速度と歩幅を追跡します。自宅での使用のために設計されており、邪魔にならない場所に設置でき、定期的にユーザーの歩行ペースを測定します。

それは、無線信号において標準的な携帯電話の放射量の約1/100を放射し、その反射を人体から分析することによって計測します。

このことにより、健康問題を予測するのに役立つ指標になり、また歩幅の変化を識別する能力はパーキンソン病のような特定の病気を識別すると述べます。また、FitBitよりも正確に測定するとも述べています。

 

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る