Google、今年後半にARプラットフォーム「Tango」がUnityの正式なネイティブ統合を受けることを発表

Googleは、自社提供のARプラットフォーム「Tango」が今年後半にUnityのネイティブ統合サポートを受けることを「Unity Vision VR/AR Summit 2017」で発表しました。

イベントの基調講演では、GoogleのNathan Martz氏がステージに登場し、同社のARベースのプラットフォーム「Tango」が、Unityの正式なネイティブ統合を受けることを発表しました。

このことにより、開発者はTangoコンテンツの開発障壁が下がることになります。

関連

MIT学生、Google Tangoで室内を3Dスキャンし、障害物にぶつからない歩行可能な物理的VRエリアを再構築する「Oasis」を開発 | Seamless

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る