VR空間の障害物を認識しながら現実世界を飛行する「VR連動型ドローン」の新デモ映像が公開。人を追従しながらドアでホバリングするシーンが見処

USCICTの「MxR Lab」と「ACT Lab」は、人間を追跡するドローンをVRと連動させた「VR連動型ドローン」の新たなデモ映像を公開しました。

「VR連動型ドローン」とは、ドローンがVR空間を認識しながら現実世界を飛行するシステムです。デモでは、加えてユーザーが装着するVRヘッドセットを追従する仕組みにしています。

映像を確認すると、ユーザーが歩くと後ろから複数のドローンが追従している様子が映し出されます。

それは、VR空間と連動しているため、CGオブジェクト(ここではドア付き部屋)を認識し回避しながらついてきます。人と同じくドアをくぐって入ってきます。

また、追従中にそのドアを閉めると待ての状態でホバリングし、ドアを再度開けると入ってくる様子も確認することができます。

 

2017.5.11追記

遠隔にいるユーザー同士が同時にplayするマルチプレイヤーモードの実証映像も公開されました。2人と4台、1人と2台の組み合わせです。

 

本システムは、以前にもデモ映像を公開しており、それはこちらになります。

 

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る