蔦(ツタ)の増殖を自動シミュレートする論文が公開。引っ張ったり、付け加えたりをリアルタイムに操作もできる

3DCGの蔦(ツタ)をリアルタイムに自動シミュレートするシステムが論文にて公開されました。

蔦は、オブジェクトにまとわりつくように成長し、増殖する様子を再現します。また、インタラクティブに操作することで、ツタを引っ張ったり、剝ぎ取ったり、枝を伸ばしたりをリアルタイムにすることができます。

プラントは、最大20まで同時サポートし、枝は25000まで同時サポートするとしています。

 

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る