Facebook、ソーシャルVRプラットフォーム「Facebook Spaces」のベータ版を発表。最大4人で交流。非VRユーザーでもMessengerビデオ通話で参加可能

Facebookは、サンノゼで開催したデベロッパーカンファレンス「F8」にて、独自のソーシャルVRプラットフォーム「Facebook Spaces」のベータ版を発表しました。

本サービスは、Oculus Rift及びTouchなどのVRデバイスを主役としたVR内コミュニケーション・プラットフォームです。デフォルメされた自身のアバターをベースとしており、中央を固定し風景を360°で変更さたりして音声やジェスチャーなどで交流することを可能にします。

最大4人で同じ空間内を共有することができ、ペイントや360°ビデオの視聴、Messengerによるビデオ通話、自撮りなどもできます。VRデバイスを持たないスマートフォンユーザーでも気軽に楽しめる点も特徴です。

Facebook Spaces Betaはこちらから。

 

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る