米ワーナーのVR/ARに関する新特許出願が公開。共有スクリーンやVR/ARデバイスにライブストリーミング配信を可能に

ワーナー・ブラザース・エンターテイメント・インク(Warner Bros. Entertainment, Inc.)のVR/ARに関する新たな特許出願が公開されました。

特許にて掲載されているシステムは、映画スクリーンなどの共通スクリーンと、各個人のVR/ARデバイスにデータを提供するというもので、コンテンツを配信するコンピュータから送信されるデータは、複数のVR/ARデバイスに同時に送信され、共有スクリーンおよび共有オーディオシステムにも同時に送られライブストリーミングで出力することを可能にします。

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る