ディズニーのARに関する新たな特許が公開。プロジェクターによる投影。ユーザーによる制御

DisneyによるARに関する新たな特許が公開されました。

それはプロジェクターベースであり、物理オブジェクトに投影し、仮想と現実をミックスさせる方法を提示します。投影された仮想オブジェクトはユーザー制御により入力など操作できるようになります。

本特許から、将来的にはユーザーにメガネなどをかけさせることなく、プロジェクターを軸にしたユーザー操作のインタラクティブのAR体験を提供すると推測されます。

関連

VR+プロジェクションマッピング:VR上でペイントした現象がSAR(空間拡張現実)上でリアルタイムに光投影される手法が登場 | Seamless

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る