プロピアニストを視線追跡メガネでどこを見て演奏しているかを考察。黒鍵の付け根辺りを見ていることが判明

Functionは、アイトラッキングを専門とするチーム「Tobii」と協力して、プロのピアニストの視線を追跡する試みを実施しました。

ピアニスト「Daniel Beliavsky」氏にメガネを装着させ、演奏時に視線がどこに固定しているかを観察します。

観察してみると、鍵盤の上の方、黒鍵でも付け根辺りを常に見ていることが垣間見れました。あとは、サイドにスライドするだけで、視線は常に上辺りに常備しています。

 

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る