南カリフォルニア大学、ドローンで地形を空撮→3Dモデルを再構築するワークフローを作成

南カリフォルニア大学の「ICT(Institute for Creative Technologies)」は、ドローンを使用して空から地形をキャプチャ、3次元モデルを再構成するワークフローを作成しました。

地形の捕捉と再建は、従来、高価で時間がかかり、人的資源が集中していましたが、昨今のドローン技術、グラフィックス処理、クラウドサービス、およびハードウェアの進歩を活用して、非専門家でも短時間で容易にできる地形3D再構築ワークフローを実現します。

 

About

テクノロジーの最新研究を紹介するWebメディア。山下が個人運営と執筆を行う(連載除く)。ITmedia NEWSさんでも執筆中。Seamlessをサポートできるプログラムも実施中。

yamashita.mailer(a)gmail.com

連載

ページ上部へ戻る