Microsoft、機械学習向けシミュレーションツールをGitHubで無料公開。自律型ドローンや自動運転車などの開発のため仮想内で膨大なサンプルを生成し学習させる

Microsoft Researchは、機械学習向けのシミュレーションツール「Aerial Informatics and Robotics platform」をGitHub上で「AirSim」という名前で無料公開しました。

機械学習は、自律型ロボットシステムを構築するにあたって重要な人工知能アプローチになってきており、その中でも重要な課題の1つに多くのサンプルが必要であることがあります。

例えば、現実世界で実際にドローンを飛ばし衝突させサンプルを生成することも可能ですが、それよりも現実に似せた仮想世界の中でサンプルを生成する方が安全であり効率的です。そんなドローンや自動運転車などの自律型ロボットシステムを開発するにあたっての学習を仮想世界で教育してくれるツールが本プラットフォームになります。

トレーニングのための大規模なデータニーズと、シミュレータでデバッグする能力の2つの問題を解決し、設計者や開発者が必要とする膨大な量のトレーニングデータをシームレスに生成するための現実的なシミュレーションツールを提供します。

GitHub上で公開されているのは「AirSim」と呼ばれ、ドローン(まもなく他の車両)のシミュレータでUnreal Engineで構築されています。オープンソースのクロスプラットフォームで、現実的なシミュレーションのために「Pixhawk」などの飛行制御装置との「Hardware-in-the-Loop(HIL)」もサポートしています。

GitHubページはこちら。(AirSim)

 

ABOUT

 本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。現在は主に寄稿(ITmedia NEWS)と、Seamless Journalに専念しています。

連絡先:yamashita(at)seamless.jp
Subscribe:TwitterFacebookHatenaNewsPicks

ゲスト連載:プロジェクションマッピング技術の変遷 岩井大輔

 Seamless Journalとは、月額10ドルの課金で厳選した最新論文がほぼ毎日メールボックスに届くというものです。記事にならない気になる論文をお届けします。決済はPatreonを介して、クレジットカードおよびPayPalで行え、解約も同サービスからいつでも可能です。お申し込みはこちらから

ページ上部へ戻る