Google、人工知能ソフトウェアライブラリ「TensorFlow(テンソルフロー)」のバージョン1.0を正式にリリース。言語翻訳でも活用

Googleは、米カリフォルニア州で開催した「TensorFlow Dev Summit」にて、人工知能ソフトウェアライブラリ「TensorFlow(テンソルフロー)」のバージョン1.0を正式にリリースしたことを発表しました。GitHubはこちら。

「TensorFlow」は、オープンソースで開発されているディープラーニングに対応した機械学習ライブラリで、最近では言語の翻訳、皮膚がんの早期発見、糖尿病による失明の防止などで効果を実証しています。

 

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る