マイクロソフトリサーチら、Kinectを使用し画像のノイズを低減させ、不足を復元するアルゴリズムを開発

Microsoft Researchと国立情報学研究所Dr.Gene Cheung)の研究者らは、Kinectセンサーなどのデプス検知デバイスを使用して、より優れたノイズリダクション(ノイズ低減)を実現し、画像間の不足している詳細を復元するアルゴリズムを開発したことを発表しました。

重要なのは、ナチュラルイメージとデプスイメージの両方を強調する前に、グラフ信号のSmoothnessを利用する方法を発見したことだと述べます。上画像は、左が元の4ビットイメージに対して、右が本アプローチによって変換された8ビットイメージです。

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る