Microsoft HoloLensとHTC Vive間を遠隔で繋げるテレプレゼンスプラットフォーム「Thrive」デモ映像あり

VR/ARを得意とするチーム「Aetho」は、VR及びARを利用したテレプレゼンス・プラットフォーム「Thrive」を今年中にリリースする予定とし開発を進めています。

Thriveは、遠隔地の複数メンバーとその場で対面しているかのような臨場感で自然に対話することができるプラットフォームを目指しています。

現在HTC ViveとMicrosoftのHoloLensで動作するとしており、また、ViveとHoloLens間のシームレスな架け橋にもなるとしています。公式サイトにあるデモ映像ではViveとHoloLens同士で通信しコミュニケーションをとっている様子が確認できます。(IMMERSE YOURSELFボタンを押してもらうと再生されます。)

Thriveでは、対話だけでなくスケッチ、図面、3Dオブジェクト、ドキュメントなどをインポートすることもでき、それを元に対話することも可能にするとしています。また、Aethoは開発を加速させるためXinovaとの提携もしています。公式サイトでは、今後の情報を受け取れるアドレス登録フォームが用意されています。

About

テクノロジーの最新研究を紹介するWebメディア。山下が個人運営と執筆を行う(連載除く)。ITmedia NEWSさんでも執筆中。Seamlessをサポートできるプログラムも実施中。

yamashita.mailer(a)gmail.com

連載

ページ上部へ戻る