HTC Vive採用のトラッキングシステムで移動する表面上へのリアルタイム・プロジェクションマッピングを行った映像が登場

米サンフランシスコ在住のアーティストHarvey Moon氏は、HTC Viveのトラッキングシステムを使用して移動する表面上へのリアルタイム・プロジェクションマッピングを行った映像を公開しました。

HTC Viveで使用しているSteamVRトラッキングシステム「Lighthouse」を使用して、 いくつかのゴムバンドとキャリブレーションされたプロジェクタ、Viveモーションコントローラで実現します。

映像を確認すると、コントローラを基準に投影され、トラックパッドで大きさを調整したりなど、立体的な物体に引っ付くように映し出されている様子が見てとれます。

 

追記:2017年1月30日

 

ABOUT

本サイト(Seamless/シームレス)は、2014年に始めた先端テクノロジーの研究を論文ベースで記事にしているWebメディアです。山下が個人で運営し、執筆を行っています。詳細はこちら

ページ上部へ戻る